ガソリンスタンドのバイトはセルフも大変?口コミ評判も調査

ガソリンスタンドのバイトは大変なのか?

ガソリンスタンドのバイトは簡単で楽そう、というイメージがある人もいるでしょう。特にセルフサービスのガソリンスタンドはすべてがセルフですので、非常に楽なイメージがあります。

 

しかし実際には細かな所で大変だったり、楽という訳ではありません。また勤務する時間帯で暇な時間や忙しい時間なども変わってきます。ちなみに車やバイクの給油といった仕事内容を思い浮かべるかもしれませんが、それだけではありません。

 

他にも、車外、車内の清掃、タイヤの空気圧をチェックしたりなど細かい仕事が結構多くあります。そして「お客様に安全で、快適なドライブを提供すること」です。

 

ガソリンスタンドのバイトは接客業なので、お客様をもてなすという気持ちも実は大切なのです。今回は「ガソリンスタンドバイトってどんな仕事?」ということで、仕事内容、仕事のコツや大変さ、口コミ評判などをご紹介します。

 

ガソスタでの主な仕事内容

 

想像通りと思いますが基本ガソリンスタンドのバイトは車にガソリンを給油するのが仕事となります。そして車の窓ふきや灰皿の掃除などをする作業もあります。ですがセルフの店舗の場合は基本このような行為が必要ありません。

 

車の誘導、給油、清算というのが主な流れで簡単です。仕事としてはセルフスタンドの方がセルフではない店舗よりも作業がカットされているので、その分楽にはなります。他には簡単な整備作業やレジなどがあります。

 

また油外商品(燃料以外の商品)を売ったりもします。基本立ち仕事となりますので、店内でお客さんを待つ店舗もあるかもしれないですが、主に外でお客さんを待つ仕事となります。

 

洗車やオイル交換などの仕事もあったりしますが、洗車については最近セルフのケースが多いので洗車をすることは少ないです。

 

スキルや資格は必要か?

ガソリンスタンドで働く場合、何か資格などがあると優遇されるという話を聞いたこともあるでしょう。ですが必ずしも資格が必要というわけではありませんので、ご安心を。

 

一つの店舗で、従業員の一人でも危険物取扱者を持っていれば良いからです。その他の従業員はそのような資格を持っていなくとも働くことが出来ます。特にアルバイトならなおさらです。

 

ただし、危険物取扱者や自動車整備士のような資格を持っていると重宝されることもあるでしょう。またガソスタは車やバイクと密接に関わる仕事なので、二輪や普通免許など持っていたほうが良いでしょう。

 

採用の際にも、絶対に普通免許が必要ということはありませんが、普通免許を持っている人の方が優先的に採用される可能性は高いです。

 

また危険物取扱者乙種は国家試験の中で、比較的簡単な試験と言われています。合格率も比較的高いです。

 

ガソリンスタンドは、文字通り「ガソリン」という危険物を扱う仕事になるので、その道でずっと仕事をしたいと考えている人は、取っておくべき資格ということが出来ます。

 

ガソリンスタンドバイトのメリットは?

ガソリンスタンドで得られるメリットは「車やバイクの知識を深めることが出来る」ということです。ガソリンスタンドでは車検などもありますし、車の整備をしたりします。

 

そのような環境から自然と車やバイクに関する知識が身につくという訳です。また比較的ガソリンスタンドで働く人は、車やバイクに興味がある人が多いと言われています。

 

そのような人たちが働いている職場で車やバイクの話をすることが出来るというのは大きなメリットになります。車好きやバイク好きにおすすめ出来るアルバイトかもしれません。

 

車やバイクが好きではないという人も、ガソリンスタンドの仕事内容は「接客業」になりますので、お客様への接客の方法など接客のイロハを学ぶことが出来ます。

 

また多くのガソリンスタンドバイトは、社員割引を実施しているので、アルバイトでもガソリンや灯油などを通常の金額よりも安く購入することが出来る場合もあります。

 

これもガソリンスタンドで働いているからのメリットと言うことが出来るでしょう。

 

ガソリンスタンドで働く為のコツとは?

ガソリンスタンドの「働くコツ」について詳しく見ていきましょう。ガソリンスタンドはそこまで難しい作業などなく知識がなくても大丈夫ですが、やはり車の免許があったほうが無難です。

 

そしてある程度の車に関する知識を持っていたほうが仕事を早く覚えることが出来ます。最低限の専門用語などは覚えておいた方がいいでしょう。急な車のトラブルでお客さんが来られるかもしれません。

 

そのような時に少しでも理解しておくとスムーズに仕事をこなすことができます。また接客業だということを意識しておくこともポイントです。車が好きだからガソリンスタンドのバイトを選んだという人でも、車をずっといじっているだけでは当然だめです。

 

一番大切なことは「お客様のサポート」をすることです。そのような考えなしで、接客業をするとお客様に迷惑をかけるだけでなく、お店側にも迷惑をかけてしまうことになりますので、ガソリンスタンドのバイトは、お客様がいてなりたつ仕事ということを覚えておきましょう。

 

そしてガソリンの危険性について理解することも重要です。ガソリンや灯油は車の燃料になったり生活にかかせない燃料になったりと、私たちの日々生活の中で必要不可欠な物ですが、それゆえに危険性もあるということをよく理解しておきましょう。

 

ガソリンは気温がマイナス40℃で気化して、空気中に成分が漏れ出してしまいます。そこに、たとえどんなに小さな火種があったとしても爆発してしまうのです。

 

それだけではなくガソリンは、空気よりも重いので思わぬところに沈んでしまいます。その沈んだガソリンが、些細な火種で、引火してしまうこともあるのです。

 

そのような危険性の高い物質を扱っているのが、ガソリンスタンドということもよく理解しておきましょう。軽率な行動で、死傷者が出てしまったというケースもあります。

 

人の命を危険にさらしてしまう可能性もある仕事ですので、仕事を始める前に責任感を持つことを心がけましょう。

 

ガソスタの仕事は楽?つらい?

楽と感じる点

ガソリンスタンドのバイトで楽と感じる部分を見ていきましょう。ガソリンスタンドは常に外に滞在して作業などをしなければならないので、大変と言われていますが、実は楽になる時間帯があります。

 

それはずばり「深夜」です。但し深夜勤務するために様々な条件があります。年齢は18歳以上、そして危険物取扱者乙種を持っていなければならないのです。

 

しかし深夜以外の時間帯と比べても時給が良く、そして深夜の時間帯は給油する車が少ないので、店内で監視カメラを見ているだけという日もあるのです。

 

それに加えてセルフサービスのガソリンスタンドなら、仕事がさらに少なくなります。ですが深夜の募集は少ないです。このように深夜の時間帯は楽に仕事をできるという利点もあるのです。

 

また生活のリズムが狂ってしまう可能性もありますので、楽とはいえ長続きしない人も多いです。若いうちはこのような仕事で一気に稼ぐ人もいるようですね。

 

きつい点とは

ガソリンスタンドでバイトをすることで、きつい点も当然あります。例えば夏や冬など気温が極端に高い時や低い時は、外で立っているだけでも一苦労ということです。この暑さ寒さに耐えなくてはいけないのがキツイです。

 

またガソリンは非常に気化しやすいですので、服にガソリン特有の汚れがつくことや、その匂いがしみ込んでしまうということもあります。臭いが苦手な方にとってはつらいでしょう。

 

あとスピードも必要になってくるので、常に走り回るようなことも多いため、意外かもしれないですが体力を使う仕事であるということです。

 

立ち仕事というのも体力を使うので、合う合わないなど人によってあると思われます。これらのような可能性もあることをよく考えた上で、アルバイトするかどうかを決めると良いでしょう。

 

ガソリンスタンドの時給はいくらぐらい?

ガソリンスタンドは時給もそれなりに良く、例えば大阪とかですと時給900円〜といった所が比較的多くあります。高い所では時給1200円という所もあり、時給については魅力があります。

 

また高校生でもバイト可能なガソリンスタンドもあり、高校生でも他のバイトと比べても時給が高い傾向にありますのでお勧め。郊外でも時給850円〜と、なかなかいい感じです。

 

ガソリンスタンドバイトの面接対策

服装について知りたい!

面接時の服装は基本私服でOKです。スーツなどで行く必要はありませんが「普段の服装」と言われたからといって、だらしない格好で行くのはNGです。

 

清潔感のあるようなシャツと黒色のズボンで適度に緊張感のある服装をしていきましょう。もちろんジーンズなどでも大丈夫でしょう。

 

 

面接の受け答え

面接中は受け答えをしっかりとしましょう。言葉遣いなどはもちろんですが、社会人としてのマナーなども守る必要があります。だらしのない返事は良くありません。

 

また週に入れる時間帯や勤務日数など聞かれるのが多いので、はっきりと伝えるようにしましょう。自分の意見はハキハキと丁寧に、そして明るい印象を与えることが出来れば、なおよいでしょう。

 

事前に面接で聞かれることをチェックしておき、脳内でイメージとレーニンをするのも効果的です。

 

 

面接で良く聞かれることって?

面接では良く聞かれることとして、シフトなど入れる日にちについて聞かれることが多くあります。またガソリンの臭いは大丈夫か?などこのような質問をされる場合もあります。

 

ちなみに「なぜガソリンスタンドのバイトを選んだか?」という質問はあまり聞かれないようです。それよりも「大きな声が出るか?」という質問を聞かれることは多いようです。

 

ガソリンスタンドは大きな声で案内してくれる所が多いでしょう。あのような威勢の良い声が出た方が採用されやすいと思います。ですので面接では大きな声をアピールした方がいいかもしれません。

 

どうでしたか?ガソリンスタンドの仕事でも楽に感じる人もいれば、きついと思う人もいます。人によって違いますので、興味があれば求人サイトなどから調べてみるといいでしょう。